筋トレの前から戦いは始まっている

筋トレはジムに行く前から戦いは始まっています。モチベーションを高く持ちつつ、おのれ自信に問いかけながらジムに行くことは普通のことです。それだけ気合いを十分にしておかないと、筋肉を限界まで追い込むことなんてできません。

サプリメントを飲んでテンションを上げる

人間ですからいつもモチベーションを維持しておくなんて難しいことです。仕事で嫌なこともあれば家庭でケンカしてしまったなど、いつも精神の状態をやる気に満ち溢れた状態にすることは至難の業ってことなんです。


サプリメントに頼ったって良いんです。筋トレ前に飲む専用のサプリメントを飲むことによって、筋トレへのモチベーションも上がり前向きな気持ちになれるからです。プレワークアウトサプリというクレアチンやカフェイン、ベタインなどある程度マトリックスされたサプリメントを摂取することにより、眠気やだるさは吹っ飛び筋肉を限界値まで追い込むことができます。

筋トレ前に飲むサプリだなんて初めて聞いたよ!

アメリカでは(日本でも)当たり前のことよ。

何分前に飲むとかってあるのかな?

基本は30分前から45分前に飲むと、ちょうど効果が出るのよ。

じゃあ、ジムに行く前に飲むのが良いタイミングだね!

プレワークアウトサプリを購入する場合は、アイハーブなどの海外直輸入がほとんどです。日本のプレワークアウトサプリは現段階ではバルクスポーツが有名どころではないでしょうか。わたしのおすすめプレワークアウトサプリのブランドは、USAのマッスルテックです。禁止物質不使用のため日本のドーピングにも触れることはありません。

逆境のときこそ力に変えていける

人生逆境のときこそ!筋トレをして自分を追い込むことができます。平々凡々で過ごしていたらジムに行く気力すら薄れてきてしまいます。平和で過ごせることは良いことですが、筋トレは筋肉を追い込むという辛い部分もあるので、ストレスを抱えているとき、嫌なことがあったときにうまーく筋トレで筋肉を追い込んでいきましょう。

・仕事でイヤなことがあったら筋トレで昇華しましょう!

・プライベートで理不尽なことがあったら筋トレで追い込みましょう。

限界に近づいたらワンモアレップ!

筋トレのセット数をこなしていくうちに筋肉も心も悲鳴をあげてきます。その一番辛い状態で悔しい思いを爆発させていきます。実際に辛い出来事が存在しているのですから、筋トレで辛い状況のときも「あともう一回!」が可能なはずです。


「あともう一回!」ができない時に、もう一回やるんです。

・声を出しても構いません。

・愛するあの人のことを想っても構いません。

・妄想にふけりながらヒーローになっても良いんです。

周りの人からは、「気合が入ってすごいトレーニーだ」「本気で筋トレをしているな」「俺も私も負けないぞっ」って思われるだけです。

気持ちを高めて筋トレをしよう

気持ちが上がっていないと筋トレに集中できないですし、セット数もこなせなくなって今日はもぉいいっかで終わらせてしまうんです。そうならないように、筋トレに対する気持ちを高めていったほうが良いです。

音楽を聴きながら筋トレをしてみるのもオススメです。自分の好きな音楽や筋トレBGMなどを聴いてノリノリで筋トレをしていくと自分だけの世界に入れます。つまり筋トレに集中できることになります。

筋トレは闇雲にやっても筋肉が太くなるわけではありません。決められたセット数や、鍛えている筋肉部位を意識したり、自分がなりたいイメージ像を想像しながら筋トレしていきます。そのためには筋トレに集中することが大切になってきます。そうしたとき、自分が集中できそうな音楽を聴きながら筋トレをすることはオススメな方法の一つになります。

食事はしっかり摂る

過度にダイエットをして筋トレに挑むとか、炭水化物ダイエットをしながらも追い込んだ筋トレをするとかしていると、パワーダウンしていく体についていけなくなります。別に体を絞ることが悪いとかダイエットが悪だとは言わないのですが、筋トレを徹底している人は食事管理も徹底しているトレーニーが多いです。

激しい筋トレこそ食事はしっかり摂るべし

筋トレをして筋肉をつけながら体を絞るというのはプロでも難しいことです。1日のカロリー計算から何食とってタンパク質は何gで炭水化物は何gでなど細かい計算をしながら行います。ですから、ほとんどのトレーニーは食事制限をしつつ激しい筋トレに臨むと、高重量も上がらず筋肉はほそく小さくなってしまったりして、せっかくの筋トレへのモチベーションも低下してしまうことになってしまいます。


追い込むような筋トレをしている時こそ炭水化物はしっかり摂っておきます。もちろん食べ過ぎはいけないですが、普通にご飯を食べるくらいなら筋肉も喜んでくれます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。